スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これって国家に対する犯罪ではないのですか

引用始め

「中国刺激するな」 野田政権の尖閣での消極姿勢また判明
2013.3.5 08:45 (1/2ページ)
 昨年9月11日の尖閣諸島(沖縄県)の国有化後、周辺海域で挑発を繰り返す中国海軍艦艇への対処について、野田佳彦前政権が中国に過度な配慮をした指示を出していたことが4日、分かった。海自艦艇は中国軍艦と15カイリ(約28キロ)の距離を置き、中国側が近づくと後退するよう命じていたほか、領海侵犯の恐れがあっても先回りして警戒するのを禁じた。複数の政府関係者によると、こうした指示を出したのは岡田克也前副総理が中心だったという。

 国有化以降、中国海軍艦艇が尖閣北方海域に常時展開するようになった。これを受け昨年10月3日、当時の野田首相は岡田氏や藤村修官房長官、玄葉光一郎外相、森本敏防衛相を集め尖閣に関する関係閣僚会議を開き、対応を協議した。

 政府関係者によると、その際、岡田氏は「中国を刺激しないように」と発言。中国軍艦に海自艦艇を15カイリ以内に近づかせないことも求めた。この距離では目視は困難でレーダーによる監視に頼らざるを得ず、領海侵犯を未然に防ぐための措置も遅れかねない。
岡田氏は次いで、中国軍艦の領海侵犯を黙認させるような対応も命じた。他国軍の艦艇の領海侵犯に備えるためには先回りして領海内で待ち構えるのが常道だが、中国軍艦が領海に入るのを確認するまでは海自艦艇も領海に入らず待機するよう指示していた。

 「領空侵犯措置」でも過度な自制を求めていた。

 中国の海洋監視船「海監50」はヘリを搭載可能で、国有化直後から再三にわたり領海侵犯していた。侵犯時に搭載ヘリが飛び立てば即座に領空侵犯になる。

 このため領海侵犯と同時に空自戦闘機による緊急発進(スクランブル)を準備する必要があるが、岡田氏は「軽微な領海侵犯だから中国を刺激するな。海上保安庁に任せればいい」と準備を認めなかった。

 昨年12月26日に発足した安倍晋三政権は、防衛省や外務省から野田政権の対応について報告を受け、領域警備で対抗措置の強化を検討するよう指示。海自は中国軍艦との距離を約3キロまで縮め、中国軍艦が領海侵犯する恐れのある場合は領海内で待ち構え侵入を阻止する態勢に改めた。ヘリ搭載艦船が領海侵入した場合にはスクランブルの準備に入るようにした。

 こうした事実関係について、岡田氏は産経新聞に「いずれも事実に反する」とコメントした。

引用終わり
岡田氏にしろ野田氏にしろ重大な職務怠慢、国家に対する犯罪です。今後のためにも、国会で議論し責任を問うべきです。無国籍国会議員が多すぎます。
Profile

渡辺ひろし

Author:渡辺ひろし
仙台生まれの仙台育ち、nativeです。清濁併せ飲んで政治に取り組めというアドバイスのもと活動をしているつもりなのですが、周りはそうは見ないようです。清流に不魚住ですと(^^;)
変化球を投げたつもりでも、周囲は直球としか見えないようです。    但し、極一部の政界関係者の話ですが(^O^)

政界という極めて狭い社会では魑魅魍魎が今でも蠢いているのですね、権勢欲と金欲まみれの亡者たち老いも若きも関係なしの世界です。
私は愚直一路で進んで行きます。 清濁併せ飲みながら(^^♪

DSC03075 (339x640)
議員としての仕事は
生活百般冠婚葬祭も



DSC_3823 (640x402) (2)

DSC_3836 (640x424)


DSC_3830 (640x424)

議会発言ビデオ
ここをポチしてください
ヽ(*´∀`)ノ



武将隊002 (3) (640x416)
伊達武将隊
今や仙台を代表する
キャラクターです。





Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。